高級食材、ブランド品、イタリアンレストランでの食事―。埼玉県警に殺人容疑で再逮捕された木嶋佳苗容疑者(35)のブログには、華やかな暮らしぶりがつづられていた。それを裏付けるような浪費癖。しかし、周囲の関係者の話からは、地味でおとなしいといったブログから受ける印象とはかけ離れた人物像も浮かび上がる。
 「化粧っ気がなく、いつも地味な服を着ていた」。木嶋容疑者が2006年まで住んでいた東京都板橋区のマンションの管理人は「あいさつしても恥ずかしがって何も言わない。おとなしい人」と振り返る。家賃は滞納気味だったが、ネットの通信販売やオークションを頻繁に利用していたといい、ごみ集積場には同容疑者の住所が記された段ボール箱が山積みになっていた。
 あて名はいつも「吉川桜」。偽名を使っていただけでなく、料金着払いの商品をめぐって業者とトラブルになったこともあったという。 

【関連ニュース】
結婚詐欺 連続不審死事件
現場駐車場まで自ら運転か=睡眠薬、酒、男性に飲ませ
初動で手掛かり確保を=不審死事件で警察庁長官
知り合って1カ月で消費=男性から詐取の470万円
金無心の送信メール削除=木嶋容疑者、証拠隠滅か

連続不審死 埼玉の事件、35歳女を殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)
<鳩山首相>普天間継続使用を否定(毎日新聞)
地震 「東南海」「三河」の実態 岩手の研究者が本に(毎日新聞)
<国保保険料>08年度収納率は88% 過去最低(毎日新聞)
有効求人倍率、九州0.40倍(西日本新聞)
AD