気象庁は1日夕、関東甲信地方では同日夜から2日未明にかけて広い範囲で雪が降り、甲信南部などで大雪になる所もあると発表した。日本の南海上に前線があり、前線上の低気圧が発達しながら1日夜に伊豆諸島南部を通過するため。交通機関の乱れや路面の凍結、電線への着雪に注意が必要という。
 2日午前6時までの降雪量は、多い所で、山梨県が30センチ、長野県と関東北部、神奈川県西部、埼玉県秩父地方が15~20センチ、関東南部の平野部が10センチ。 

【関連ニュース】
日本海側、14日も大雪=引き続き警戒を
日本海側と北海道、大雪続く=交通への影響注意
広い範囲で強風、積雪=低気圧接近、交通に影響
全国で荒れた天気に=低気圧発達、冬型強まる
西日本で大雪の恐れ=低気圧急発達、日本海側暴風

鳥もブルッ、う~寒い 断崖でウミウが越冬(産経新聞)
鳩山首相、小沢氏事件で陳謝 衆院代表質問(産経新聞)
素材ありき 「京みたらしろーる」人気(産経新聞)
モニターに大量血痕の現場写真、被告はまばたきを繰り返し…(産経新聞)
長野で盗まれた腕時計も=香港で起訴の男ら所持-警察当局(時事通信)
AD