3月15日に閉院が予定されている世田谷区松原の都立梅ケ丘病院の跡地(約2万4千平方メートル)について、同区は4日、都から約145億~175億円で取得し、高齢者や障害者の在宅復帰を支援する施設など保健・医療・福祉サービスの拠点として整備していく方針を明らかにした。

 都は地元の世田谷区に優先して売却する意向を示しており、区は4月から基本構想づくりに着手するための費用約2300万円を22年度当初予算案に盛り込んだ。

 区によると、跡地に整備するのは、病院を退院した高齢者がリハビリを行う介護老人保健施設や、障害者が施設や病院から在宅生活に移行することを支援する地域生活支援型入所施設など。また、保健や福祉を支える人材を育成する福祉人材育成・研修センターなども検討している。区が大半を整備する方向だが、運営については民間事業者の誘致を図るなど、多角的に検討していくという。

与党3党、小沢氏を支える方針確認(読売新聞)
小沢氏「私は潔白」 与党幹部ら、激励の乾杯(産経新聞)
<野田副財務相>小沢氏進退判断は捜査や参院選の情勢を見て(毎日新聞)
プルサーマル受け入れ自治体へ、交付金復活(読売新聞)
山崎前副総裁 自民党で活動継続の意向固める(毎日新聞)
AD