財政破綻(はたん)一歩手前の早期健全化団体に指定された大阪府泉佐野市は4日、財政健全化計画案をホームページ上で公開した。昨年9月に公開した素案に加え、財政健全化の方策として、幼稚園や小学校の統廃合検討など新たに4項目を盛り込んだ。

 税制改正に伴い、たばこ税の減収などが見込まれることから、素案段階で想定していた460億円ではなく、536億円の収支改善が必要だと判断した。

 健全化に向けた方策として、19年間の人件費圧縮で199億円を削減するほか、公共施設の統廃合の推進で19億円、繰上償還による公債費の負担軽減で11億円を削減する方針。

 計画案については市民からの意見を募集しているほか、8日の市議会行財政委員会でも説明。市は市議会の議決を得た後に、府に計画を報告する。

【関連記事】
大阪・泉佐野市 1台のたばこ自販機で15億円の税収
破綻寸前も無関心? 泉佐野市パブコメにわずか18件
破綻懸念は21市町村 20年度決算
大阪・泉佐野市の健全化計画素案内容の一部に国が難色
財政危機の泉佐野市が早期健全化団体に

与党3党、小沢氏を支える方針確認(読売新聞)
<東海道新幹線>運転を見合わせ 品川-小田原駅間で停電(毎日新聞)
「A少年じゃないが切り刻んだ」 亀井発言に批判(J-CASTニュース)
<普天間移設>「覚悟持ち5月までに」首相(毎日新聞)
富田林の飲酒ひき逃げ事件 弁護側が上告(産経新聞)
AD