鳩山由紀夫首相は29日午前の閣僚懇談会で、今国会に提出する国家公務員制度改革関連法案の骨子を示した。この中で、各省の事務次官級から局長級への降格も可能とする内容を盛り込んだことを明らかにした。また、仙谷由人行政刷新担当相は同日午前の記者会見で、事務次官ポストについて「中身は変わるが、名前は残す」として、制度上は存続させる考えを表明した。 

【関連ニュース】
参院予算委の詳報
「新しい公共」円卓会議が初会合=首相、社会に定着求める
ダボス会議、首相代理で出席へ=仙谷担当相
「新しい公共」へ円卓会議=あす初会合
財政再建目標、議論スタート=国家戦略室の検討会

<群馬ヘリ事故>意思疎通不足などが原因 運輸安全委報告書(毎日新聞)
国民一人一人が出来ることから始めよう 第2回遺骨収集シンポジウム(産経新聞)
雑誌 「ホームレスと社会」創刊 明石書店(毎日新聞)
民主可視化議連が設立総会 「司法の民主化には取り調べも含まれる」(産経新聞)
「ラブ・コネクション」運び屋はカノジョ(読売新聞)
AD