文部科学省は29日、国公立大2次試験の募集人員が計10万12人だったと訂正した。富山大が医学部前期日程の募集を実際より少なく報告していたことが分かり、これまでの発表から20人増えた。
 ほかに集計ミスもあり、公立大の出願受け付け学部数が一つ減って162に、2段階選抜を予告した公立大が1大学1学部増えて18大学42学部となった。
 独自の日程で試験を行う国際教養大、新潟県立大、新見公立大は集計には含まれていない。 

【関連ニュース】
前年上回る1.0倍=出願状況の中間集計

義務化の火災警報器、どうしたらいいの? 取り付けは正しい場所に(産経新聞)
日中歴史共同研究報告書 「政治は未来志向で」官房長官(産経新聞)
睡眠導入剤…犯罪での悪用例後絶えず(読売新聞)
JAL機が羽田に緊急着陸 離陸直後エンジンから出火 けが人なし(産経新聞)
普天間移設 与党視察に戸惑う自治体「負担軽減は理解…」(毎日新聞)
AD