米軍岩国基地(山口県岩国市)の民間空港利用再開に向け、県は1日、空港ターミナルビルの整備・運営会社を第三セクター方式で設立する方針を、同市で5年ぶりに開かれた期成同盟会で関係自治体に伝えた。

 岩国空港をめぐっては、国が平成24年度の再開に向けて来年度予算に事業費を盛り込んだほか、ターミナルビルの運営事業者を近く公募する見通し。このため県は、地元自治体と経済界の出資で会社を設立する方針を固め、この日協力を求めた。

 県の方針では、ビル会社の資本金は約5億円で、官民半分ずつの負担。就航路線が東京便の1日4往復に限られることから、建設するターミナルは延べ床面積が3千~4千平方メートルの「効率的かつコンパクトな施設」としている。

【関連記事】
防衛相、岩国訪問へ 米軍再編計画で市長と面会
米軍大尉、倉庫の屋根に上り逮捕 岩国
基地負担軽減求め決議 山口県議会
岩国基地近くの用地買い取り要望保留 山口県知事、普天間移転を懸念
普天間飛行場、岩国基地と並ぶ大規模な海兵隊航空基地 ヘリ61機常駐

太田前代表の公認取り消し=参院選で公明、責任論に配慮(時事通信)
<三洋電機>ブラウン管テレビをリコール(毎日新聞)
普天間「残り4か月で決着」シナリオに暗雲(読売新聞)
<映画「蒼き狼」訴訟>角川事務所が勝訴 文書は名誉棄損(毎日新聞)
<日医会長選>京都府医師会の森洋一会長が立候補(毎日新聞)
AD