3日午前8時20分ごろ、羽田空港を離陸直後の北海道女満別(めまんべつ)行き日本航空1183便(ボーイング737-800型機)から「左エンジンが不調」と管制官に緊急着陸の要請があった。同機は二つあるエンジンのうち左エンジンを止めて羽田空港に引き返し、同38分に緊急着陸した。乗客乗員127人にけがはない。

 日本航空が原因を調べているが、左エンジンの下に油漏れがあり、エンジン後部から金属片が見つかった。

 国土交通省東京空港事務所によると、同空港は着陸に備えA滑走路を約20分間閉鎖した。乗客は次の便に振り替える予定。

【関連ニュース】
日本航空:稲盛会長が羽田視察…整備スタッフに次々質問
峰崎副財務相:「国際線は1社体制でいい」 日航再建で
日航:大手商社の関連損失950億円
日航:そう長くない人生、世のため人のために 稲盛会長
日航:稲盛哲学浸透なるか 社風改革が課題に 新体制発足

ごみ収集で市幹部ら不正、無許可業者に便宜 大阪・松原(産経新聞)
自民、石川議員辞職勧告案提出へ 民主揺さぶり(産経新聞)
<雑記帳>受験生に評判、「落ちない」ペンキで絵馬 静岡(毎日新聞)
<サッカー協会>新潮社を提訴 川淵名誉会長の週刊誌記事で(毎日新聞)
新たに計8カ所の弾痕=国後沖銃撃-1管(時事通信)
AD