東京都千代田区の会社員、大出嘉之さん=当時(41)=を殺害したとして逮捕された木島佳苗容疑者(35)の周辺では、大出さんのほかに3人の男性が不審な死を遂げている。いずれも男性側から木島容疑者に多額のカネが渡っているなど不自然な点があり、警察当局は今後、3人の死に木島容疑者が関与していないか慎重に捜査するとみられる。

  [ルートで見る]大出嘉之さん死亡前後の動き

 不審死したのは、千葉県松戸市のリサイクルショップ経営、福山定男さん=当時(70)▽東京都青梅市の会社員、寺田隆夫さん=同(53)▽千葉県野田市の無職、安藤建三さん=同(80)-の3人。

 捜査関係者によると、福山さんは平成19年8月、木島容疑者に約7400万円を振り込んだ後に突然死した。また、寺田さんは21年2月4日、自宅で死亡しているのが見つかった。遺体の近くには練炭の燃えかすと七輪があり、木島容疑者に約1700万円渡していた。

 安藤さんは5月15日に自宅が全焼し、焼け跡から遺体で見つかった。安藤さんの遺体の近くにも練炭の燃えかすと七輪があったほか、安藤さんの遺体からは睡眠導入剤が検出されている。木島容疑者は安藤さんの口座から現金を引き出していた。

 福山さんと寺田さんの遺体は「事件性がない」との判断で司法解剖をされていないという。

 木島容疑者はこのほか、大出さんら3人から結婚話をエサにカネをだまし取ったとして詐欺罪で起訴されており、この詐取金を含めると、19年からの2年間でおよそ1億円を手にしていた。

 捜査関係者によると、木島容疑者は中古の高級外車を所有していたほか、有名ホテルに泊まり歩くなど派手な生活をしており、こうしたカネは生活のために使っていたとみられる。

【関連記事】
女を殺人容疑で再逮捕 連続不審死で埼玉県警 
結婚詐欺・連続不審死 木島容疑者を送検 カーディガンかぶり表情うかがえず
木島被告、6度目の逮捕は…婚活相手から四百数十万円
死亡直後に新恋人 ネットで知り合う 連続不審死
結婚詐欺・連続不審死 同居男性宅の火災報知機なくなる 女が関与か

郵政株の政府保有51%以上、国民新・社民党案(産経新聞)
町村氏の挑発に前原氏がキレた…衆院予算委(スポーツ報知)
中学受験 本格シーズン 受験者数過去最高更新する勢い(毎日新聞)
<谷垣自民総裁>定年制厳守を3氏に通告…将来見直しは含み(毎日新聞)
丸ノ内線が運転再開も停電でまた全線ストップ(産経新聞)
AD