民放キー局最大手のフジ・メディア・ホールディングス(HD)が4日発表した2009年4~12月期連結決算は、売上高が前年同期比1・9%増の4353億円、最終利益は同28・5%減の65億円と、増収減益だった。

 グループ会社の増加で増収につながったが、広告収入の落ち込みに加え、映像音楽事業の営業赤字などが響いた。

 2010年3月期の通期業績予想を下方修正。売上高が昨年11月時点の5810億円から5781億円に、最終利益は54億円から35億円に引き下げた。

【関連記事】
吉本興業が28日に臨時株主総会 株強制買い上げへ定款変更
でき婚、薬物、経費削減…2009年の芸能・メディア界
ライブドアと堀江被告が208億で和解 損害賠償請求訴訟 東京地裁
フジ・メディアHD、セシールを完全子会社化
吉本TOB 「マルチユース」戦略など加速、非上場化の流れに一石

予科練こんなだった、資料・遺書など展示(読売新聞)
各党代表質問の時間延長=長時間の施政方針受け-衆院(時事通信)
社民・国民新、岡田外相の「普天間継続も」発言に反発(産経新聞)
美濃まつり 作業場はもう春 花みこしの花染め最盛期(毎日新聞)
<夕張市>財政再生計画素案、住民に初の説明(毎日新聞)
AD