自民党の山崎拓前副総裁(73)は4日午後の山崎派総会で、「民主党の独裁政治に断固、対抗し、自民党の再建を図りたい」と述べ、離党しない考えを表明した。同氏は夏の参院選比例代表での公認を求めていたが、党執行部は「70歳定年制」を理由に公認しないことを決めたため、一時、離党が取りざたされていた。
 総会に先立ち、同派の田野瀬良太郎総務会長は谷垣禎一総裁と会い、山崎氏の意向を伝えた。 

【関連ニュース】
前原氏「自浄能力必要」=千葉氏「刑事責任なら重い」
小沢氏「もう少し頑張る」=参院選に全力
山崎氏らに非公認伝達=党結束へ「70歳定年制守る」
谷垣氏、遅過ぎた「指導力」=参院選で片山氏ら非公認

「小沢独裁」を否定=社会保障円卓会議は消極姿勢-鳩山首相(時事通信)
アパートで女性刺される=部屋に血の付いた包丁-岐阜(時事通信)
義理チョコ無くなればいいのに 女性の3割「煩わしい」(産経新聞)
要介護認定、特記事項への記載徹底で事務連絡―厚労省(医療介護CBニュース)
財布の残金は数千円=木嶋容疑者が抜き取りか-連続不審死・埼玉(時事通信)
AD