JR東日本は2日、「こまち」に代わって秋田新幹線に導入する新型車両「E6系」のデザインを発表した。東北新幹線新青森駅開業後にデビューする「E5系」の姉妹車両で、13年春から順次営業運転を開始、2年で26編成(1編成7両)を投入する。

 E6系の先頭部はこまちの2倍以上の13メートル。このためトンネル突入時の微気圧波を低減し、車両全体をほろで覆うことで走行時の低騒音を実現した。車体上部は秋田の民俗行事「なまはげ」の面をイメージしたあかね色、側面はグレー系ホワイト、中央部はシルバーの帯を入れた大胆な塗色。

 フルアクティブサスペンションや車体傾斜装置を採用し快適性に配慮したほか、バリアフリー化や電動車椅子対応の大型トイレ、非常通話装置、防犯カメラなどセキュリティー機能も充実させた。

 7月から試験運転を実施し、14年春から最高速度320キロで営業運転を開始する。製造経費は1編成45億円。【斎藤正利】

【関連ニュース】
雑記帳:新型スカイライナー 来年3月に見学会
次世代新幹線「E5系」:東京駅に初乗り入れ
京成電鉄:新型スカイライナーを公開 国内在来線最速の160キロ
房総経済:成田新高速鉄道、新型車両を公開 /千葉
錦川鉄道:「とことこトレイン」乗客数、過去最高の勢い 新型車両好評 /山口

パソコンから大出さんのメール消去 木嶋容疑者、証拠隠滅か 結婚詐欺・連続不審死(産経新聞)
小沢氏、米要人と2日に会談=普天間問題で意見交換(時事通信)
地下鉄丸ノ内線が全線で運転見合わせ(産経新聞)
自民 参院選選挙区で2新人公認(産経新聞)
「普天間が今のまま…」岡田外相が可能性言及(産経新聞)
AD