中国遼寧省の白亜紀初期(1億3100万~1億2000万年前)の地層から見つかった羽毛恐竜や初期の鳥類の化石を電子顕微鏡で詳細に観察したところ、細胞内のメラニン色素を含む小胞が初めて特定された。
 羽は最初は飛ぶためではなく、保温やカムフラージュ、仲間などへのアピールのために進化したとの見方が有力だが、羽毛と羽の色や模様を復元できれば、当初の機能の解明に役立つという。
 中国の古脊椎(せきつい)動物古人類研究所や英ブリストル大などの研究チームが28日、英科学誌ネイチャー電子版に発表した。
 調べたのは、羽毛恐竜の「中華竜鳥」や「中国鳥竜」、初期の鳥類「孔子鳥」などの化石。走査型電子顕微鏡による観察で、黒から灰色の色素を含む小胞や、黄色から赤茶色の色素を含む小胞が確認された。 

【関連ニュース】
【動画】恐竜2009~砂漠の奇跡~
特集・恐竜図鑑~トサカのついたティラノサウルス~
〔写真特集〕ミクロの世界
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
〔写真特集〕肉食のスピノサウルスなど出現! 恐竜2009 砂漠の奇跡

漁船銃撃 被弾の2隻、銃痕を隠す 事実を隠蔽か(毎日新聞)
介護報酬の増額検討=12年度改定で-長妻厚労相(時事通信)
子ども手当満額困難に=峰崎財務副大臣も表明-11年度以降(時事通信)
<群馬ヘリ事故>意思疎通不足などが原因 運輸安全委報告書(毎日新聞)
大逆事件 管野スガの書簡見つかる 幸徳秋水の無罪訴え(毎日新聞)
AD