茨城県笠間市の県道で昨年10月、新聞配達員の女性(46)のバイクが道路に張ってあったロープに接触、転倒してけがを負った事件で、県警笠間署は30日、殺人未遂の疑いで、笠間市内に住む私立高校1年の男子生徒(16)と、知人の無職少年(16)を逮捕した。2人はロープを張った事実は認めているが、殺意については否認している。

 同署によると、男子生徒らは昨年10月11日午前3時5分ごろ、同市下郷の県道にナイロン製のロープを張って女性を転倒させ、頭や首を切るなど全治3週間のけがを負わせた疑いが持たれている。ロープは太さ約1センチで、約1・2メートルの高さに張られていた。

 

<死傷事故>居酒屋に車突っ込み1人死亡、2人重体…横浜(毎日新聞)
黒澤明財団への寄付金、3億8800万円不明(読売新聞)
子ども手当は満額支給=平野官房長官(時事通信)
公明、参院埼玉選挙区に西田氏擁立を決定(産経新聞)
携帯充電池マルチ、設置遅れは「第3世代携帯への対応」と説明(産経新聞)
AD