公明党は2日、夏の参院選比例代表での擁立を決定していた太田昭宏前代表(64)を次期衆院選に立候補させる方針を決めた。

 太田氏は昨年8月の衆院選で東京12区から立候補したが、民主党の青木愛衆院議員に敗れ落選。昨年12月に、「任期中に66歳を超える場合は公認しない」という党の定年制の例外扱いとして参院選比例代表として昨年12月に公認していた。

【関連記事】
参院比例「個人名ではなく党名で」 公明党が新方針
公明、参院選挙区の現職を比例に鞍替え
公明代表に山口氏 新体制が始動
公明党三役人事が内定 代表・山口氏、幹事長は井上氏、北側氏は来年参院選に出馬へ
公明党の太田代表、衆院選の敗北を受け代表辞任

中絶率 佐賀県が最高 08年度調査 熊本、福岡も高水準(西日本新聞)
【健康】携帯で健康チェック(産経新聞)
<君が代不起立>元教職員側が逆転敗訴 東京高裁(毎日新聞)
パトカーが軽自動車と衝突=20代夫婦が軽傷-群馬(時事通信)
総務相、名古屋市の住基ネット離脱に反対(読売新聞)
AD