兵庫県明石市の歩道橋事故で、業務上過失致死傷容疑で書類送検され、嫌疑不十分で不起訴となった後、神戸第2検察審査会が「強制起訴」を議決した榊和晄(かずあき)・元明石署副署長(62)の公判に向け、神戸地裁が29日、検察官役を務める指定弁護士の推薦を兵庫県弁護士会に依頼したことが、関係者への取材で分かった。

 弁護士会は「補充捜査の権限が十分行使できる態勢が必要」としており、関係者によると3人の弁護士を推薦するとみられる。指定された弁護士は補充捜査などを行った上で「すみやかに公訴を提起(起訴)」すると定められているが、期限などは示されていない。

東海道新幹線、運転見合わせ拡大 上下線とも東京-新大阪間に(産経新聞)
民主・山岡国対委員長、首相の施政方針べた褒め 「国民の立場の演説」(産経新聞)
アート・ディレクター、水谷孝次さんが「デザインが奇跡を起こす」を出版(産経新聞)
「AKB」追っかけ代ほしさ、盗み151件(読売新聞)
囲碁 謝依旻が女流3冠制覇 7年ぶり2人目(毎日新聞)
AD