気象庁は1日、関東甲信地方の広い範囲で同日昼すぎから2日未明にかけ雪が降るとして、注意を呼び掛けた。日本の南海上にある前線上の低気圧が、発達しながら1日夜に伊豆諸島南部を通過、関東地方南部の平野部でも雪が積もる見込みという。
 2日午前6時までの予想降雪量は、いずれも多い所で山梨県が30センチ、長野県が20センチ、関東南部の平野部と北部が10センチ、箱根から東京・多摩、埼玉秩父地方にかけて15センチ。 

【関連ニュース】
元日にかけ大雪や暴風に警戒=強い冬型の気圧配置

屋上で警官「おい!」、万引き男?飛び降り死亡(読売新聞)
臨時接種に「2類」創設へ=弱毒性新型インフルに対応-厚労省審議会(時事通信)
久光とがん性突出痛治療剤を共同販売へ―協和発酵キリン(医療介護CBニュース)
鳩山首相、施政方針演説51分で「命」25回…進次郎氏「意味分からん」(スポーツ報知)
上田容疑者、事件前日「支払い念書」円山さんに(読売新聞)
AD