大阪府の財政難による見直しで昨年12月末に閉館した府立国際児童文学館(吹田市)で28日、約70万点の資料や蔵書を府立中央図書館(東大阪市)に移す搬出作業が始まった。3月下旬まで続けられ、移設先での公開は5月上旬の予定。

 この日朝から、業者が専用のラックに蔵書を次々と移し替え、2トントラックに積み込んだ。作業を見守った遠藤純主任専門員(41)は「文学館をつくった方々の思いを感じるだけにこの日を迎えてつらいが、今後も資料が良い状態で保たれるようにしたい」と話した。

【関連記事】
結核検査2200人に判定ミス 大阪府
カジュアル衣装に押されついに「有楽町西武」閉店の衝撃
京産大と大阪府立大連携、鳥インフルや食の安全で
WTCで橋下知事と各国総領事が交流
橋下知事が「神戸空港は失策」

<参院予算委>自民党のヤジに亀井氏「うるさい」 審議中断(毎日新聞)
石井桃子回顧展 生涯を資料で紹介 世田谷文学館で2月6日から(産経新聞)
<川内原発>作業員3人が感電、重傷 放射能漏れなどはなし(毎日新聞)
女子中学生2人にわいせつ行為、巡査長逮捕(読売新聞)
観光装い下見、盗品郵送…爆窃団再び日本標的(読売新聞)
AD