インフルエンザ定点医療機関当たりの全国の患者報告数が、1月18-24日の週は9.03で、前週より0.9ポイント増加したことが29日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。定点当たり報告数の増加は昨年11月23-29日の週以来、8週ぶり。

【都道府県別の表が入った記事詳細】


 定点以外を含む全国の医療機関を受診した推計患者数は、前週と同じ約48万人。検出されるインフルエンザウイルスのほとんどが新型になった昨年7月2-6日以降の累積は約1971万人になった。

 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、33都道府県で前週よりも増加し、前週より5県多い19県が10を上回った=表=。最多は沖縄(36.72)で突出しており、宮崎(17.80)、山梨(17.55)、静岡(17.25)、福井(15.59)の順。一方、最少は青森(1.48)で、次いで北海道(1.67)、秋田(2.04)、山形(4.38)、宮城(4.67)の順。北海道・東北地方で少なかった。

 警報レベルを超えたのは86保健所(30府県)で、前週より15保健所減った。しかし、注意報レベルのみを超えたのは101保健所(35都道府県)で、前週の44保健所から大幅に増えた。


【関連記事】
小中学生の患者の割合が再び増加―新型インフル
インフル定点8.13、7週連続で減少
輸入新型ワクチン、初回出荷は山梨のみ
新型ワクチン余剰分、「解約交渉のテーブルに」-長妻厚労相
15歳未満、より早い経過で死亡―新型インフル

給油復活法案を決定=自民部会(時事通信)
有効求人倍率、九州0.40倍(西日本新聞)
【KANSAIハヤ耳】農事組合法人「ラッテ・たかまつ」 古代の乳製品「蘇」(産経新聞)
東国原知事の活躍そのまんま教科書…「時事英語」で紹介(スポーツ報知)
約40ブランド出展、日韓から女性モデル募集 福岡コレクション(産経新聞)
AD