国立天文台は1日付の官報で、2011年の暦要項を発表した。日本で見られる日食は1回、月食は2回あり、このうち12月10-11日の皆既月食は、上空高く昇った月が欠けていく様子が全国で見られるという。
 6月2日の部分日食は、北日本や日本海側の一部で見られるが、欠ける割合は小さい。富山県以西ではわずかに欠けた太陽が昇ってくるのを観測できる。
 同16日の皆既月食は全国で起きるが、月食中に夜が明けるため、観測条件はよくない。
 年によって日が変わる祝日は、成人の日が1月10日(月曜)、春分の日が3月21日(月曜)、海の日が7月18日(月曜)、敬老の日が9月19日(月曜)、秋分の日が9月23日(金曜)、体育の日が10月10日(月曜)。 

【関連ニュース】
〔特集〕世紀の天体ショー 皆既日食
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
西日本などで部分日食=日没直前、那覇で最大6割
超新星爆発後、巨大火の玉に=衛星「すざく」で発見

<少年院改革>有識者会議が初会合 広島の事件受け(毎日新聞)
<民主党>政治資金対策チームが初会合(毎日新聞)
鳩山首相「党代表として結論出す」 小沢氏の参考人招致(産経新聞)
ニプロ、「フーバー針」を自主回収(医療介護CBニュース)
人口当たり医師数に16.4倍の地域差―日医総研(医療介護CBニュース)
AD