厚生労働省は1月29日までに、医療ADR(裁判外紛争処理)に関する連絡協議会を設置する方針を固めた。協議会では、医療ADR機関などの現状の取り組みを把握する。現在は委員の人選などを行っており、初会合は遅くとも年度内に開かれる予定だ。


【関連記事】
医療事故調、「厚労省案」は「推奨していない」―足立政務官
医療ADR、全国初の法相認証取得
患者と医師をつなぐ「医療決断サポーター」―九大大学院が養成
医療事故、「医療界の意識改革」を
医療ADRを全国に拡大-日弁連

首相演説「労働なき富」に共産委員長が皮肉(産経新聞)
診断基準策定求め要望書-「脳脊髄液減少症」支援の会(医療介護CBニュース)
信念貫き頑張る=民主党の小沢氏(時事通信)
「オケひな」でウィーンフィル歓迎=埼玉県川口市〔地域〕(時事通信)
昨年の自殺者数は3万2753人 過去5番目 警察庁まとめ (産経新聞)
AD