前原誠司国土交通相は29日の閣議後会見で、高速道路の整備のあり方を抜本的に議論する検討会を設置する方針を明らかにした。自らが長となり、外部の有識者も加わる。

 前原国交相は、旧日本道路公団などの民営化について「高速道路会社は道路を造ることにリスクがない。民営化は看板倒れだった」と指摘。今後の高速道路整備は対象を絞り込むべきだとの考えを示した。

 また、高速道路の段階的無料化についても「最終形がどうあるべきかをそろそろ議論しなければならない」と述べ、検討会のテーマにする意向を示した。【位川一郎】

【関連ニュース】
高速道路無料化:政府、2月2日に対象路線発表へ
高速道路:割引財源を建設にも使用 会社支援へ法改正検討
高速道実験:「ETC以外も無料」前原国交相
どうなる? 高速道路/1 全国にのびる約1万キロ
解説:高速道建設、国が支援 公団に「先祖返り」 小沢氏の要望を拒めず

テレ朝が業績予想を上方修正 10年3月期、スポット広告が好調(産経新聞)
障害者の定義を「社会モデル」へ―制度改革推進会議(医療介護CBニュース)
<留学生>長期の外国人生徒数、初の減少 08年度(毎日新聞)
<寛仁さま>退院 宮内庁発表(毎日新聞)
<小沢幹事長>キャンベル米国務次官補と会談 内容明かさず(毎日新聞)
AD