「日本一おいしい水」を目指す名古屋市は28日、市公館で「名水他流試合」と称する水道水利き水会を開いた。相手は立山連峰を源とする富山市の水。名古屋市の河村たかし市長と「名水ご意見番」の24人が飲み比べた。

 おいしい水を決めるテレビ番組で富山市が1位になり、2位だった名古屋市が昨年10月に挑戦状を届けて対戦が実現。両市の水道水を分からないように別々のグラスに注ぎ、うまいと思う方を選んだ。

 結果は名古屋7人、富山が17人と名古屋が惨敗。河村市長が選んだのも富山の水で「なかなか『うみゃあ』こといかせん」と苦笑いしていた。【岡崎大輔】

【関連ニュース】
名古屋市長:給与800万円案、曲げずに議会提出へ
名古屋市長:「がん施設」建設へ…損害賠償金無視できず
河村名古屋市長:地域委員会投票率「2~3割あれば」
衆院選:「政治に対する民の怒り爆発」名古屋市長
今年の漢字:名古屋の河村市長は「挑」…「芋」改め

<タンチョウ>川霧の中で目覚め 北海道鶴居村(毎日新聞)
「角界に新しい風」=相撲協会理事選で-鳩山首相(時事通信)
判決に不満の態度の被告 裁判員は「残念」(産経新聞)
【中医協】長期入院、毎月の「退院支援状況報告書」で減額せず(医療介護CBニュース)
首相、普天間飛行場の継続使用は容認せず(産経新聞)
AD