民主党の渡部恒三元衆院副議長は2日、資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で小沢一郎幹事長自身が立件された場合の同氏の進退について「(幹事長辞任は)当たり前。場合によっては議員辞職もあるだろう」と述べた。国会内で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~4億円「知人から預かった」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

<国民読書年>開始を宣言 活字文化議員連など3団体(毎日新聞)
JR東海、リニア海外展開へ 米国で事業化調査(産経新聞)
黒澤明財団、4千万円無断取り崩し…今も補填せず(読売新聞)
<全建国保>多数が無資格加入、都など徳島県支部を検査(毎日新聞)
第一三共、4―12月期決算を発表(医療介護CBニュース)
AD