経済産業省原子力安全・保安院は2日、東京電力福島第1、福島第2(以上福島県)、柏崎刈羽(新潟県)の3原子力発電所で排水管の誤接続が計30カ所見つかり、うち18カ所で放射性物質のトリチウムを含んだ水が誤って海などに放出されていたとして東電に対し、文書で厳重注意した。

 水の放出量は計約200回で4キロリットルに上るとみられる。1回あたりの推定トリチウム放出量は最大3.6億ベクレルで原発の保安規定を下回り、環境への影響はないという。

 誤接続は福島第1が5カ所、同第2が21カ所、柏崎刈羽が4カ所。放射性廃棄物の処理水槽につなぐべき排水管を、空調機の露などを流す非放射性の排水管につないでいた。昨年10月、福島第2の1号機で初めて見つかり、東電が3原発の排水管約8700本を再確認していた。【山田大輔】

【関連ニュース】
川内原発:作業員3人が感電、重傷 放射能漏れなどはなし
原発:管理区域内にたばこの吸い殻 敦賀、東海第2、美浜
原発建設:反対住民の妨害禁止を命じる…山口地裁岩国支部
原子力事故:初期医療を支援する専門チーム発足 放医研
柏崎刈羽原発:6号機の営業運転を再開 7号機に続き

船田・元衆院議員が週刊新潮を提訴 不倫報道は「事実無根」(産経新聞)
首相が日本経団連新会長に期待「政策伺いたい」(産経新聞)
リコールの「ティファール」鍋、交換まだ2割(読売新聞)
<南極観測隊>同行教諭、昭和基地から理科の授業(毎日新聞)
2漁船「迷惑かける」と銃撃明かさず(読売新聞)
AD