鳩山由紀夫首相は29日午前の閣議後の閣僚懇談会で、省庁幹部人事の一元管理を目的とした内閣人事局を設置する国家公務員法改正案について、「適材適所の人事を柔軟に行うため、事務次官級から局長級への異動を可能とする」と述べ、省庁幹部の事実上の「降格」人事を可能とする同法改正案を今国会に提出する考えを示した。

【関連記事】
公務員のリコールなど、資格制限を明確化 総務省
自衛隊派遣に備え、政府調査チームがハイチ到着
亀井節炸裂「うるさいから言った」 予算委紛糾について
「ブログ市長を監視」団体、初会合に市議15人参加
2次補正予算成立も 専門家「景気浮揚効果薄い」

セグウェイ、特区で公道走行=前政権の却下案件も復活-政府(時事通信)
<ハイチ大地震>現地で活動、熊谷さん帰国「水と食糧必要」(毎日新聞)
「辺野古は社民党が許さない」社民・福島氏が強調(産経新聞)
「責任の重さ感じる」=当選から一夜明け稲嶺氏-名護市長選(時事通信)
東海道新幹線 停電で品川-小田原駅間ストップ(産経新聞)
AD