キリスト教系教団「国際福音キリスト教会」の施設内で、女性信者にわいせつな行為をしたとして、茨城県警捜査1課とつくば中央署は28日、準強姦(ごうかん)の疑いで、同教会の代表で最高位の牧師だった韓国籍の卞(ビュン)在昌(ジェーチャン)容疑者(61)=土浦市小岩田東=を逮捕した。卞容疑者は容疑を否認している。

 同課などの調べでは、卞容疑者は平成19年2月ごろ、同教会の施設内で、県南地域に住む20代の元女性信者に対して乱暴した疑いが持たれている。

 卞容疑者のわいせつ事件をめぐっては昨年10月、20~30代の元女性信者ら4人が卞容疑者にわいせつ行為をされたとして、卞容疑者と同教会を相手取り、約4620万円の損害賠償請求を求める訴訟を東京地裁に起こしている。元女性信者側は「(牧師は)指導者の霊的権威は絶対不可侵であるなどと欺瞞(ぎまん)的説法を繰り返し、被害女性を抗拒不能にさせた」と主張している。

 被害を受けたという女性は産経新聞の取材に対し「『君には癒やしが必要だ』といってセクハラをエスカレートさせた。衝撃的すぎて声も出なかった。嫌だと感じるのは自分の信仰が足りないせいだと思ってしまっていた」と話していた。

【関連記事】
「宗教儀式」表面化しにくい聖職者のわいせつ行為
「教団施設でわいせつ」牧師を提訴 元信者の女性4人
容疑者は友達の母親だった 米の8歳女児「スーツケース殺人」
女子生徒に抱きつき触る 14歳男子中生をわいせつ容疑で逮捕
「怖がる顔が見たい」公然わいせつ容疑で男逮捕

東京消防庁が救急搬送ミス 5カ所断られた男性死亡(産経新聞)
普天間移設「冷静に見守って」「すべてが今、ゼロベース」 首相(産経新聞)
首相動静(1月26日)(時事通信)
<雑記帳>飼い犬に「犬の住民票」を発行 東京・板橋(毎日新聞)
普天間、5月決着に悲観論=「法的措置」発言が波紋(時事通信)
AD