郵便不正事件に絡み、有印虚偽公文書作成などの罪に問われた厚生労働省元局長・村木厚子被告(54)の裁判で、大阪地検特捜部が関係者の供述内容などを記した取り調べのメモを廃棄していたことがわかった。

 村木被告の弁護人が明らかにした。捜査段階で作成されたメモは、最高裁が「開示対象の公文書」との判断を示している。弁護側は同被告が事件に関与したとする関係者の供述を否定しているが、「メモの廃棄は信用性の判断を妨げる行為」と批判する。一方、大阪地検は読売新聞の取材に対し、「公判継続中の事件に関する事項であるため、回答は差し控える」としている。

 村木被告の弁護人を務める弘中惇一郎弁護士は「検察側は都合の悪い事実を隠すためメモを廃棄したのではないか」とし、今後の証人尋問で取り調べの状況を明らかにしていく意向だ。

FX脱税で高級マンション、初公判で事実認める(読売新聞)
<名古屋地裁>裁判員が守秘義務違反 会見で評議内容明かす(毎日新聞)
17歳里見先勝!三間飛車研究が実った…女流名人位戦第1局(スポーツ報知)
<訃報>永田法順さん74歳=最後の琵琶盲僧(毎日新聞)
<ヤジ問題>「うるさいから、うるさいと」…亀井氏退かず(毎日新聞)
AD