障害者割引郵便悪用に絡む厚生労働省の証明書偽造事件で、虚偽有印公文書作成罪などに問われた同省元局長村木厚子被告(54)=官房付、休職中=の初公判が27日、大阪地裁(横田信之裁判長)であった。同被告は「虚偽の証明書作成を指示したことも、部下らと共謀したこともない」と起訴内容を否認し、無罪を主張した。
 検察側は冒頭陳述で、石井一参院議員から依頼を受けた上司の指示で、村木被告がためらう部下に偽造を命じたと主張。弁護側も冒頭陳述し「検察が作り上げたストーリーで支離滅裂だ」と反論した。 

【関連ニュース】
〔特集〕現役キャリア官僚逮捕! 障害者割引郵便不正事件
元局長、検察と全面対決=民主党議員も証人出廷
厚労省元局長、27日初公判=証明書偽造、無罪主張へ
証明書偽造「関与一切ない」=厚労省元局長、会見で無実主張
厚労省元局長を保釈=郵便割引証明書偽造

モンスターペアレント対策で手引書 都教委 7万部、全教員に配布へ(産経新聞)
<札幌テレビ放送>ひき逃げ事件で別人の顔写真を2回放送(毎日新聞)
小沢氏「水谷建設から資金受け取っていない」(産経新聞)
隠し金?豪雨被災「萩往還」から銅銭ザクザク(読売新聞)
<成人式>男2人を逮捕、式進行妨害の疑い 長崎・佐世保(毎日新聞)
AD