保守の立場に立った政治勢力の結集を見据え国民運動を展開する「頑張れ日本! 全国行動委員会」(代表・田母神俊雄前航空幕僚長)は2日、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に反対する総決起大会を都内で開いた。自民党の安倍晋三元首相は民主党の小沢一郎幹事長が訪韓の際に通常国会での法案提出に前向きな姿勢を示したことに「とんでもないことだ」と批判、平沼赳夫元経済産業相は「民主党の横暴に黙っているわけにはいかない」と訴えた。

【関連記事】
「保守の精神」が問われる自民党
「発想おかしい」各地で反対決議 外国人参政権
名護市長選対応が象徴、鳩山政権の危険性批判
外国人参政権法案 長尾教授「非常に危険」
外国人参政権 97%が「憲法違反」

<通天閣>恒例の「福豆まき」…ゲストに橋下知事(毎日新聞)
<群馬ヘリ事故>意思疎通不足などが原因 運輸安全委報告書(毎日新聞)
<空自>国産次期輸送機、初の試験飛行 岐阜基地(毎日新聞)
軽症患者の特別料金見送り=診療報酬改定で-中医協(時事通信)
阪神大震災機に「直下型」研究 仕組み解明や都市計画活用は途上(産経新聞)
AD