国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は27日の党幹部会で、夫婦が別の姓でも婚姻関係を持つことを認める「選択的夫婦別姓制」を導入する民法改正案について「うちは反対だ」と明言した。そのうえで「(党内で)議論する必要もない。(法務省からの法案説明の)話も聞くな」と指示した。千葉景子法相は同法案の今国会提出を目指しているが、亀井氏が反対姿勢を明確にしたため与党内調整の難航は確実だ。

【関連記事】
国民新党が総務省に通告「参政権法案は厳しい」
政界迷言30~11位 亀井「もんもん」発言の順位は?
千葉法相 夫婦別姓法案、次期通常国会提出へ
千葉法相 夫婦別姓に重ねて意欲
参政権など反対請願を提出 自民・中山成彬氏ら

山崎拓氏、離党の公算大…自民は公認の考えなし(読売新聞)
首相、外国人参政権「簡単ではない」(産経新聞)
遣唐使船 再現し上海万博へ…角川文化振興財団が計画(毎日新聞)
<秋葉原殺傷>「事実明かし償う」加藤被告表情硬く(毎日新聞)
普天間移設「あらゆる可能性」=鳩山首相(時事通信)
AD