衆院は2月1日午後の本会議で、鳩山由紀夫首相の施政方針演説などに対する代表質問を行った。この中で自民党の谷垣禎一総裁は、「持続的な社会保障制度の構築に取り組むべき時」との認識を示した上で、社会保障制度改革の具体的なメニューと安定財源の確保策を検討するため、与野党の枠組みを超えた「社会保障円卓会議」の設置を提案した。

 これに対し鳩山首相は、「社会保障制度を信頼できる持続可能なものにするために、財源を確保しながら、連立政権の合意や(衆院選の)マニフェストで示した政策を、まずは着実に実行していきたい」と述べた。その上で、「まずは国会の審議の中で、真摯(しんし)に議論をするところからスタートするべきものではないか。議論を通じて、もし必要であるならば、設置のことも将来的に考えていきたい」と答弁した。


【関連記事】
第2次補正予算が成立
介護保険法施行法改正案など閣議決定―政府
次期通常国会への提出法案を説明-厚労省政策会議
財政健全化目標めぐる検討開始-政府
医療・介護などの規制改革へ向け分科会新設―行政刷新会議

<置き去り>生後間もない女児が玄関先に 東京・大田(毎日新聞)
<ハイチ大地震>国際医療チームが成田空港に帰国(毎日新聞)
<自殺?>中3男子14階から 遺書メール後に 愛知・岡崎(毎日新聞)
<米軍機>神奈川上空で部品落とす けが人なし(毎日新聞)
「大統領に黒人選んでまで」=米政権交代で言及-小沢氏(時事通信)
AD