鳩山由紀夫首相が施政方針演説でマハトマ・ガンジーの「7つの社会的大罪」を引用したことを受け、自民党の石原伸晃元政調会長は1日、衆院本会議の代表質問で「大罪が言い当てているのは鳩山政権が抱える諸問題だ」と断じた。

 石原氏は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の混迷は、ガンジーが大罪の1つに挙げた「理念なき政治」にあたり、子ども手当などは「労働なき富」だと指摘。さらにガンジーの「健康であれば、誰もが自分の食べるだけのものは労働して得なければならない」との言葉を引用し、「母からの小遣いを『まったく知らなかった』と答弁し、贈与税をキャッシュで払える生活はガンジーの思想とは相いれない」と批判した。

 首相は「ガンジーの問題提起は目指すべき日本の政治理念だ」と反論したが、表情は最後まで固かった。

【関連記事】
閣僚までもが失笑…首相の施政方針演説
首相演説「労働なき富」に共産委員長が皮肉
施政方針演説 軽さ否めない“宇宙言語” 
「お騒がせしている」首相が小沢氏問題で陳謝
理念強調の施政方針 亀井氏「宇宙人らしい」

鳩山演説「労働なき富」にヤジ、「それはあんただ」(読売新聞)
双方の見張り不十分が原因=境港沖の衝突沈没事故-運輸安全委(時事通信)
首相動静(1月27日)(時事通信)
「進歩を目指す保守政党」 自民、党大会で新綱領発表(産経新聞)
<法務省>公訴時効見直し案 殺人は廃止、遡及も適用(毎日新聞)
AD