社民党の照屋寛徳衆院議員は27日、衆院議員会館で記者団に対し、平野博文官房長官が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、移設先の自治体の合意が得られない場合の法的決着の可能性に言及したことについて「自公政権より悪い発想だ。率直に発言を撤回してほしい」と語った。
 照屋氏は社民党の普天間移設に関するプロジェクトチームの座長で、沖縄県名護市長選後の平野氏の発言に対し「確信犯的に繰り返すのは許せない」と反発。「鳩山由紀夫首相は市長選の結果を判断材料にしたいと言った。首相からも厳重に注意すべきだ」と述べた。 

【関連ニュース】
地元同意なし「許されるのか」=平野長官発言を批判
「法的決着も」、重ねて言及=普天間移設で平野官房長官
平野長官発言で解決困難に=大島自民幹事長
参院予算委の詳報
平野官房長官の発言要旨=普天間移設問題

「A少年じゃないが切り刻んだ」 亀井発言に批判(J-CASTニュース)
2次補正、参院で審議入りへ=予算委(時事通信)
黒澤明財団への寄付金、3億8800万円不明(読売新聞)
言葉が軽い=「斟酌の理由ない」発言-自民幹事長(時事通信)
外国人参政権法案 亀井氏「今国会は提出できない」(産経新聞)
AD