大阪・北新地の早春の風物詩「堂島薬師堂 節分お水汲(く)み祭り」を前に、舞を奉納する北新地の芸者らで構成するPR隊が27日、毎日新聞大阪本社を訪れた。

 祭りは2月3日、大阪市北区の堂島アバンザ周辺で開催。鬼が飲食店を回って厄払いする「鬼追い」や、開運招福のため、僧侶が水を汲む「お水汲み」がある。

 昨今の不況のあおりを受けて寒風吹きすさぶ北新地だが、「厄を払って商売繁盛。大阪を活気づけたい」と芸者の清一さんとさく与さん。自慢の舞を“呼び水”に気合は十分。【植田憲尚】

【関連ニュース】
鮒市:1日限りの市に掛け声響く 佐賀・鹿島
ノリ:佐賀産ならでは やわらかな口どけ 新ノリのシーズン到来
年明けうどん:正月の新風物詩 ブレーク、各メーカーが新商品を続々
初生け式:新年の風物詩 1300人で初生け--京都・池坊
初競り:新年の風物詩 大間産マグロ1628万円--東京・築地市場

舛添氏、真意はどこに 政局発言…党残留?新党結成?(産経新聞)
営業委託先に「実体なし」=携帯充電器マルチ商法-大阪府警(時事通信)
「辺野古は社民党が許さない」社民・福島氏が強調(産経新聞)
小沢氏、現職幹事長のまま検察と全面対決(読売新聞)
<将棋>1日目から激戦、羽生封じる 王将戦第2局(毎日新聞)
AD