群馬県みなかみ町で昨年2月、東京電力の送電施設を巡視中のヘリコプターが送電線に接触、不時着し、一時最大約1万1700世帯が停電した事故で、運輸安全委員会は29日、機長が正確な現在地を把握できない状態になったのに前進を続け、送電線の発見が遅れたことなどが原因とする調査報告書を公表した。
 安全委は、巡視員がメモを取るなどの作業に夢中で、機長とのコミュニケーションが十分取れていなかった点も指摘。通常の飛行と比べ難易度が高い送電線の巡視では、安全な飛行ができるよう協力し合う必要があったと指摘した。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
特集・エールフランス機墜落
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕米旅客機不時着事故
東電、ベトナムの電力開発計画に協力

成人式壇上で奇声、扇子で市長コツン?…2人逮捕(読売新聞)
<春闘>労使が初交渉 賃金より雇用確保優先(毎日新聞)
市バスが電柱に衝突、14人負傷=京都(時事通信)
7兆2千億円規模の経済対策 第2次補正予算案が衆院通過(産経新聞)
一宮西病院の身体拘束「違法でない」…最高裁(読売新聞)
AD