オホーツク海に面する北海道の知床岬で27日午前、流氷の着岸を確認した。

 本社機から見ると、流氷は斜里町ウトロ沖でも約10~20キロまで迫っている。大小さまざまな流氷が、光を反射して輝いている。

 札幌管区気象台によると、今年の流氷の南下は平年並み。今後知床半島全域に次々と着岸する。【中川紗矢子】

【関連ニュース】
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
大雪:新潟県内で1日に100センチ
大雪:北海道、日本海側など7日も警戒 気象庁呼び掛け
大雪:国道の車両56台埋まる 111人救出 北海道
大雪:北海道で80センチ予想 東北60センチ

信念貫き頑張る=民主党の小沢氏(時事通信)
普天間移転の候補地徳之島 地元町長は官房長官と面会拒否(J-CASTニュース)
<茨城男性死亡>3人の「不起訴不服」…審査申し立て(毎日新聞)
鳥取不審死で36歳女を再逮捕…強盗殺人容疑(読売新聞)
高校無償化 朝鮮学校は「これからの議論」 文科相(産経新聞)
AD