岡田克也外相は1日夕、日本記者クラブで会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「望ましくはないが、他に(候補地が)なければ普天間が今のままということはあり得る」と述べ、ほかに移設先が見つからず、普天間の継続使用の可能性があるとの認識を明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~ゼネコン側、妨害恐れ献金~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

売れ筋「1Q84」のみ、出版不況は深刻化(読売新聞)
【社会部オンデマンド】東京湾第2海堡の黒煙の正体は?(産経新聞)
認可保育所の定員25万人増…子育てビジョン(読売新聞)
雑記帳 大井川鉄道で「受験生応援SL」運行 静岡・島田(毎日新聞)
覚せい剤で起訴の警部補を免職=「数回使用」「後悔している」-千葉県警(時事通信)
AD