店舗などに設置するコイン式の携帯電話充電器販売のマルチ商法で、虚偽説明で解約を妨げたとして、大阪府警生活経済課などは27日、特定商取引法違反(解約妨害)の疑いで、携帯電話用充電器販売会社「MMS」(現メディアクロス)=大阪市=の元社長ら数人を逮捕する方針を固めた。
 同課によると、MMS社は2003年からコイン式の携帯電話充電器を1台約50万円で販売、充電器の利用料の一部を配当とする約束で契約者を募った。しかし、契約者が解約を申し出ると、虚偽の説明をして解約を妨害した疑いが持たれている。
 同社は契約者から新規契約者の紹介を受けると、1人につき4万円の「ボーナス」を支払ってメンバーを増やしており、同課は連鎖販売取引(マルチ商法)に当たると判断した。
 マルチ商法では、特定商取引法で認められている20日のクーリングオフ期間以降も一定条件で解約が認められている。しかし、同社は「返金や解約はできない」と虚偽の説明をしていた。 

【関連ニュース】
統一教会大分教会など捜索=特定商取引法違反容疑
年末年始、9割「家で」=初売り、旅行…2割「出費減」
大企業の冬ボーナス15%減=下げ幅最大、19年ぶり低水準
指数、11カ月ぶりに低下=「弱含み」に下方修正-11月の消費動向調査
街角景気、過去最大の下げ=デフレ宣言、円高・株安で

小沢氏、沖縄に土地 辺野古から9キロ投機か 17年購入(産経新聞)
防戦・失言ずさん国会 自民攻勢「野党ボケだ」(産経新聞)
<篠山紀信氏>公然わいせつ容疑で書類送検 路上で裸体撮影(毎日新聞)
「意志と努力で夢実現を」=宇宙飛行士の若田さん、タイ高校生に講演(時事通信)
神経細胞 皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国(毎日新聞)
AD