北沢俊美防衛相は29日、グレグソン米国防次官補(アジア・太平洋担当)と防衛省で会談し、沖縄県名護市長選で米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設受け入れ反対派が勝利したことに関し、「われわれとすれば、沖縄の人たちの気持ちはしっかり受け止めないといけない」と述べ、現行計画の実現が困難になりつつある地元情勢を説明した。グレグソン氏は「市民の決断を重く受け止めるのは当然のことだ」と応じた。
 市長選後、日米両政府の高官が普天間移設問題をめぐって会談したのは初めて。北沢氏は、今後の日本政府の対応について「平野博文官房長官の下で(政府・与党の)検討委員会をやっている。そこで案が出てくれば、それを検証して米側と擦り合わせるのは、防衛省の仕事だ」と説明した。 

【関連ニュース】
現行案が「最善の選択」=普天間移設で米大使
外交演説要旨
日米同盟深化を訴え=核軍縮へ主導的役割
施政方針演説の骨子
伝わらぬ首相の熱意=懸案山積、具体論乏しく

秋葉原殺傷・加藤被告、胸の内語るか…初公判(読売新聞)
カラフルなEV“パト”出発! さいたま市(産経新聞)
ハイチPKO、2月上旬に派遣(時事通信)
政府が「検察リーク」否定の答弁書を閣議決定(産経新聞)
歯科改定率、「合格点じゃない」―東京歯科保険医協会(医療介護CBニュース)
AD