2005年に岐阜県と大阪市で連続して女性を殺害したとして、強盗殺人などの罪に問われ、一、二審で死刑とされた無職大橋健治被告(69)の上告審判決で、最高裁第2小法廷(竹内行夫裁判長)は29日、被告側上告を棄却した。死刑が確定する。
 同小法廷は「短期間に相次いで行われた犯行の動機に酌量の余地はない。残虐、冷酷で、死刑を是認せざるを得ない」とした。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
昏睡強盗容疑で中国人逮捕=付近で被害1億8500万
意識もうろうで川へ=被害男性に薬物か
郵便局強盗300万奪う=電車で逃走図り御用

<押尾学容疑者>保護責任者遺棄致死罪で起訴 裁判員裁判に(毎日新聞)
朝青龍「残念な行動」=相撲協会に報告求める-文科相(時事通信)
小沢氏に説明責任求める…社民党大会で福島氏(読売新聞)
「水増しの意味、わかるよね」市職員の呆れた実態 公金詐欺事件(産経新聞)
<名古屋市長>給与800万円案、曲げずに議会提出へ(毎日新聞)
AD