東京・霞が関の警察庁で29日午前行われた中井洽国家公安委員長の記者会見で、背景のパネルが登場した。全国47都道府県警のマスコットキャラクターが勢ぞろいしており、メディア露出度が最も高い「特等席」の1カ所には、中井委員長の地元三重県の「ミーポくん」が陣取った。
 パネルは縦180センチ、横480センチで、30センチ四方の小パネルが96枚張り付けられている。小パネルの半分はマスコットキャラクターと警察庁のエンブレムで、残り半分の「国家公安委員会」「警察庁」が印字された小パネルと交互に配置した。
 小パネルはマグネットが付いており移動できる。同庁は不公平にならぬよう、不定期にマスコットの配置を変えていくとしており、ミーポくんがいつまで特等席を維持するかも注目される。
 パネルのデザインは庁内で公募し、寄せられた83点の中から選ばれた。費用は約50万円。
 背景パネルは、会見の様子を報じる写真や映像を通じての広報効果が高いとして、企業のほか一部の自治体や中央省庁も導入している。 

ふるさと牧場元社長に懲役12年 和牛商法詐欺(産経新聞)
【中医協】医療クラーク加算、15対1と20対1を新設(医療介護CBニュース)
追いつめられた?小沢氏 定例会見での「高圧姿勢」転換(J-CASTニュース)
非居住者のみの負担認める=マンション「協力金」訴訟-最高裁(時事通信)
「大黒の芝」記載、平城宮跡と認識の史料(読売新聞)
AD