鳩山由紀夫首相は30日午後、甲府市を訪れ、山梨大学燃料電池ナノ材料研究センターを視察したほか、同大学の学生との意見交換会などに出席した。今月23日にスタートした地方視察の第2弾。同センターは二酸化炭素を排出しない燃料電池の世界的な研究拠点を目指しており、首相は、渡辺政廣センター長から電池の材料の開発状況について説明を受け、熱心に耳を傾けた。
 首相は視察後、記者団の質問に答え、日本の温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減するとの目標に触れた上で、「大変高い目標を掲げたが、高い技術力で克服できるという大きなメッセージを持った研究だと期待している」と語った。
 また、学生との意見交換会では、地場産業の活性化を目的に商品化された、甲州ブドウの搾りかすで染めたネクタイを贈られ、首相がその場で着け替える場面もあった。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美人すぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
参院選戦略を見直し=「政権に逆風」で積極策
鳩山首相、民主参院幹部と会談

意識もうろうで川へ=被害男性に薬物か-強殺容疑の女・鳥取不審死(時事通信)
路上で下半身露出 東京消防庁消防学校生を逮捕 栃木県警(産経新聞)
<小沢幹事長>土地所有権の確認書 作成日が偽造と分かる(毎日新聞)
<人事>最高裁(25日)(毎日新聞)
窃盗容疑で再逮捕=千葉大生殺害事件-千葉県警(時事通信)
AD