08年9月、成田国際空港を離陸したインド・デリー国際空港行きのエア・インディア307便(ボーイング747-337型、乗員乗客182人)でエンジンの一部が破損、落下し、千葉県山武市で駐車中の車などを直撃したトラブルで、国土交通省は29日、エンジンの部品が腐食により破断したことが原因とする調査報告書を発表した。

 報告書によると、第3エンジン内にある高温ガスを整流するための部品(ノズル・ガイド・ベーン)が耐酸化コーティングされていなかったため、腐食しやすくなり、破断したと推定している。

【関連ニュース】
NY行き旅客機:ドア外側に布 成田に引き返す
エチオピア航空機:90人乗り、ベイルート沖で墜落
ジャマイカ:米旅客機がオーバーラン 40人以上けが
航空トラブル:「機外に布が…」 NY行き旅客機、成田に引き返す
経済 ボーイング787 軽くて速い省エネ旅客機

野田財務副大臣が小沢氏進退に言及(産経新聞)
普天間移設で徳之島調査=地元町長は「反対」-民主・牧野氏(時事通信)
<地震>青森県で震度4=午後4時19分ごろ(毎日新聞)
皮膚から神経細胞作製=iPS経ず、遺伝子導入で直接変換-マウスで成功・米大学(時事通信)
有志勉強会参加は「当然」=階政務官が答弁(時事通信)
AD