23日午後7時40分ごろ、東京都新宿区南元町のビル建設工事現場で「作業員が倒れている」と、同僚の作業員から110番通報があった。作業員は病院に運ばれたが、死亡が確認された。40代の男性とみられ、警視庁四谷署は何らかの事故に巻き込まれたとみて詳しい原因を調べている。

 同署によると、現場は3階建てで、この日の作業が終了しても男性の姿が見当たらないことから同僚らが探したところ、エレベーター部分の下に当たる地下1階で倒れていた。

 全身を強く打った形跡があり、エレベーターのかごや重りに押しつぶされたか、エレベーターから転落した可能性があるという。

【関連記事】
工事現場でエレベーター落下 作業員2人死亡 東京都清瀬市
名古屋エスカレーターでオーチス社員らを略式起訴 名古屋区検
市川君への思いが本に エレベーター事故遺族ら
荷物用エレベーター 3年で37人死亡、政府が実態調査へ
エレベーター事故「運輸安全委の調査対象に」 国交相が検討表明

<早稲田佐賀中学>初受験に865人挑戦 競争率7.21倍(毎日新聞)
<雑記帳>早くも節分にちなんだ「鬼ダイバー」 山口(毎日新聞)
<星雲>5500光年かなたの「出目金」?「猫の足」?(毎日新聞)
外国人参政権反対集会 地方議員1万人の署名目指す(産経新聞)
<雑記帳>秋田で漬物「いぶりんピック」(毎日新聞)
AD