路上ですれ違った少年らにいいがかりをつけて暴行し、重傷を負わせたとして、警視庁少年事件課と昭島署は、傷害の疑いで東京都あきる野市の会社員の少年(17)ら3人を逮捕した。同課によると、3人は容疑を認め「ガンをつけられたと思って腹が立った」と話している。

 逮捕容疑は、昨年9月19日午後11時50分ごろ、昭島市大神町の路上を走行していたバイクを停車させ、バイクに2人乗りしていた同市の17歳と18歳の無職少年に「何見てんだ」などといいがかりをつけて殴るけるの暴行を加え、あごの骨を折るなどのけがを負わせたとしている。

 同課によると、3人は同じ中学校の出身。この日は乗用車で3人でドライブをしていたところ、交差点ですれ違ったバイクの少年らと目があったため「けんかを売られた」と暴行を計画。約1.5キロにわたってバイクを追跡した後、暴行したという。

【関連記事】
ぶつかったと因縁、公園で暴行 少年5人逮捕 横浜
少女グループ「花魁」の3人逮捕 「集合日に来ない」と後輩暴行容疑
注意した担任殴った中3生逮捕 千葉・木更津
きっかけは… 少年グループの抗争で高校生ら逮捕 警視庁
レディース立ち上げは「地元ルール違反」 双子少女に暴行、高2男子ら10人逮捕

社会福祉法人、「加算取得に医療法人と差」―全国老施協・中田会長(医療介護CBニュース)
10年度の年金額は据え置き=厚労省(時事通信)
【アニマル写真館】アムールトラ 天王寺動物園(産経新聞)
<地球温暖化防止>都市部「芝で緑化」は逆効果 米大学分析(毎日新聞)
自己判断で2割がタミフル服用中止(産経新聞)
AD