岩手県一関市狐禅寺のごみ処理施設「一関清掃センター」に集められた資源ごみの中から、数十万円分の紙幣が見つかっていたことがわかった。

 一関署が持ち主を捜しているが、センター関係者は「こんなことは初めてだ」と驚いている。

 センターによると、紙幣は18日午後4時頃、作業員が資源ごみを手作業で選別している時に発見された。センターは同日、同署に拾得物を届け出た。

 同署は、「持ち主をかたる人が出てくる恐れがある」などとして、金額や発見当時の状況を明らかにしていない。

 センターは、一関市、平泉町からごみを回収している。問題の紙幣は14、15日のいずれかに、ごみと一緒に出されたとみられる。

富田林の飲酒ひき逃げ事件 弁護側が上告(産経新聞)
<着服>博多署員が課内の積立金100万円を 停職処分に(毎日新聞)
<地震>北海道広尾町で震度2 午前1時26分ごろ(毎日新聞)
児童虐待、有力情報に10万円…警察庁(読売新聞)
<雑記帳>高橋尚子さん、北海道で野菜づくり(毎日新聞)
AD