東京・秋葉原の歩行者天国で2008年6月、7人が殺害され、10人が重軽傷を負った無差別殺傷事件の初公判が28日、東京地裁で開かれる。殺人罪などに問われた元派遣社員加藤智大被告(27)側は、殺害の事実は認めるものの、刑事責任能力などを争う方針。公判期日は8月までに22回指定され、さらに秋以降も審理が続き、判決は来年にずれ込む可能性もある。公判前整理手続きで争点が事前に決められた事件としては、異例の長期審理となる。
 最大の争点は責任能力の有無や程度。加藤被告は被害者にあてた手紙の中で、「事件の記憶がほとんどない」としており、弁護側は犯行当時、何らかの精神障害で心神喪失または耗弱状態だったと主張する。
 これに対し検察側は、起訴前に実施した精神鑑定の結果から、完全責任能力があったのは明らかだと指摘する。
 このほか、けがを負わせた被害者1人への殺意の有無や、取り押さえようとした警察官に対する公務執行妨害罪が成立するかが争点となる。 

【関連ニュース】
街頭に防犯カメラ設置=東京・秋葉原の町会
拘置所移送中、警官に暴行=脅迫で起訴の男逮捕
小沢幹事長宅前でもみ合い=自称右翼の男逮捕
盗難車でパトカー2台に衝突=容疑で男逮捕、飲酒運転
新成人2人、入場断られ暴れる=福井市職員に体当たり

2氏が届け出=津市長選(時事通信)
家賃代わりにみだらな行為 少女を泊めた男逮捕(産経新聞)
地下鉄線路内に男性遺体 千日前線・鶴橋駅(産経新聞)
捜査介入のつもりない=「不起訴望む」発言で釈明-鳩山首相(時事通信)
稲嶺氏当選「日米関係にさらなる緊張」…米紙論評(読売新聞)
AD