島根県立大1年平岡都さん(19)の遺体の一部が広島県北広島町の臥竜山で見つかった事件で、行方不明から3カ月となる26日を前に、香川県坂出市に住む平岡さんの両親は25日、島根、香川両県警を通じて「都を失ってからもうすぐ3カ月になりますが、今でも信じられず、実感がわきません」などと心境をつづったメッセージを公表した。
 両親はメッセージの中で、平岡さんが好きな言葉として「逃げることはずるくない ずるいのは逃げ続ける事だ」を挙げ、「この言葉を胸に頑張っていた娘の姿が浮かんできます。まだまだ都を失った悲しみが深く、今はこれ以上のことをお話しすることができません」とした。
 一方、両県警合同捜査本部長の雪野博島根県警刑事部長は「一日も早く事件を解決し、二度とこのような悲惨な事件を起こさないとの強い決意で、捜査を続けてまいります」とのコメントを発表した。 

【関連ニュース】
「必ず解決」の使命感を=島根女子大生事件で献花
女子大生遺棄でフリーダイヤル=情報提供呼び掛け
遺体にポリ袋付着=文字やマーク、電話帳配布用か
遺留品の捜索打ち切り=女子大生遺棄事件で
靴発見、手掛かりと注目=トラブルなく捜査難航

<敬老乗車証>仙台市、見直しへ 「団塊の世代」の交付を見込み(毎日新聞)
<横浜市>07~08年度に不適正経理 別年度納入や預け(毎日新聞)
JR武蔵野線新駅の名称、「吉川美南」に決定(産経新聞)
普天間「覚悟を持って決める」=5月末までに、首相言明-参院予算委(時事通信)
損保会社から80万騙し取る 架空や水増し、柔道整復師と患者を逮捕 警視庁(産経新聞)
AD