平野博文官房長官は29日午前の記者会見で、2月を「情報セキュリティー月間」とすると発表した。コンピューターウイルスによる被害や個人情報の流出が相次いでいるのを受け、情報セキュリティーに関する知識を国民に深めてもらうのが狙い。首相官邸のホームページに平野長官がセキュリティーの重要性を訴えるメッセージを掲載するほか、関係省庁によるセミナーなど全国で1000件超の関連行事を開催する。 

【関連ニュース】
新ウイルス「ガンブラー」猛威=企業HP、相次ぎ感染

「なぜこれだけ時間かかったのか」明石歩道橋事故の遺族(産経新聞)
敗北受け「日本らしい保守」掲げる=新綱領を採択-自民(時事通信)
<掘り出しニュース>「横手やきそば道場」開講 鉄板名人目指し15人受講 合格者には「麺許状」交付(毎日新聞)
犯罪死見逃すな!検視強化へ研究会…警察庁(読売新聞)
藤川優里氏「出馬は?」に笑顔で無言…自民党大会(スポーツ報知)
AD